polyphenism

エコデボ研究日誌
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

第282回 三崎談話会

第282回 三崎談話会を下記の通り開催しますので、ふるってご参加ください。

参加希望の方は三浦(miu◎mmbs.s.u-tokyo.ac.jp)または小口(世話人、k.ohgreen226◎gmail.com)までご一報頂けると幸いです(◎を@に)。飛び入りも可能だと思いますが、特に懇親会希望の方はご連絡ください。

 

【第282回 三崎談話会】

 

日時:2017年12月28日(木)  16時30分〜

 

場所:東京大学大学院理学系研究科・附属臨海実験所・会議室

 

講演者:石田吉明、三井翔太

 

懇親会: 18時から臨海実験所・宿泊棟1階・食堂にて

講演要旨:

 

「星形生痕化石の形成過程 ―ヒトデ類・クモヒトデ類の観察実験より―」

石田吉明(東京都杉並区)

 

 現生のヒトデ類とクモヒトデ類には自ら基質に浅く潜行するものがある。これらが移動した後には星形の生痕ができるが、ヒトデ類は太く、クモヒトデ類は細い腕の跡を残す。また、ヒトデ類では前方の1腕から基質に乗り上がるために前方の1腕の痕跡が、クモヒトデ類では後方の1腕は基質から引き抜かれるだけであるために後方の1腕の痕跡が不明瞭となる。一方ヒトデ類もクモヒトデ類も、人為的に砂で埋積すると、これを嫌って砂上に脱出する。このとき基質に作られる生痕は、両者とも5腕の跡すべてが明瞭となる。これら現生個体の生痕の相違をもとに、ヒトデ類とクモヒトデ類の残した星形生痕化石の形成過程を考察する。

 

「魚の「耳の石」のはなし〜耳石の形態に基づく魚類の種同定とその応用〜」

三井翔太(東京海洋大学大学院)

 

 硬骨魚類の内耳に存在する「耳石」は,炭酸カルシウムを主成分とした生体鉱物である。耳石は,一般的に消化や摩耗に強いことから,魚体から離脱した耳石が化石や捕食者の胃内容物として得られる事が多い。さらに,科や属などの分類群ごとに特異的な外部形態を有するため,耳石の外部形態に基づく種同定を行う事により,古生物学における古環境の推定や,生態学・水産学における食性解析等において大いに貢献できる。その際,耳石上に数多ある形質の中から各種に特有な識別形質を見出し同定する必要があるが,本邦産魚類の耳石の形態に関する研究は立ち遅れているのが現状である。

本講演では,演者が行った日本産ニシン科魚類の耳石の外部形態比較に関する研究とその応用例について紹介する。

 

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲top

復活!「三崎談話会」

=================

 

〇「三崎談話会」企画趣旨

 東京大学大学院理学系研究科・附属臨海実験所(通称、三崎臨海実験所 Misaki Marine Biological Station)は130余年の歴史を誇る臨海実験所です。これまで先達たちが「三崎談話会」と称し、これまで280回が開催されてきましたが、2004年をもって開催が停止しておりました。ポストゲノムの昨今では、生物学も多様化し、様々な生物種での生命現象が様々なアプローチで解明されつつあり、多くの若手研究者も育ってきております。三崎臨海実験所は本学とは離れた場所にあり、研究交流が容易ではない場所である一方、眼前には豊かな相模湾が広がる素晴らしい環境でもあります。そこで我々は、国内外の研究者を招待してご講演いただき、生物学の議論と交流を目的として、ここに新たに「三崎談話会」を復活させ、セミナー・勉強会を定期的に行うことにしました。「新・三崎談話会」は、第281回からの開催となります。臨海実験所でのセミナーですが海洋生物に限らず、幅広い分野の方に発表していただく予定です。本セミナーは、どなたでも参加可能なオープンなセミナーとします。

 

=================

 

第281回 三崎談話会のご案内】

第281回 三崎談話会を下記の要領で開催します。

 

日時:2017年10月19日(木)  16時30分〜

場所:東京大学大学院理学系研究科・附属臨海実験所・会議室

講演者:別所-上原 学 博士(中部大学応用生物学部・博士研究員)

            別所-上原 奏子 博士(名古屋大学生物機能開発利用研究センター・研究員)

懇親会: 18時から臨海実験所・宿泊棟1階・食堂にて

世話人: 小口晃平(三崎臨海・三浦研・D1) 

 

講演要旨:

「発光魚はどのように進化したのか?ルシフェラーゼの起源に迫る!」

 別所-上原学博士(中部大学応用生物学部・博士研究員)

 生物発光は約700属で報告されており、植物を除きほとんどすべての分類群で独立に進化してきた。その大部分は海洋で見られ、特に脊椎動物の魚類において多くの種が知られている。しかしながら、多くの種が深海性であるためサンプル供給の難しさから、魚類における発光の生化学的・分子生物学的な研究はほとんどなされていない。生物発光反応は一般に、酵素ルシフェラーゼと基質ルシフェリンを必要とするが、独立に進化しているため、遺伝子配列の相同性をベースとした同定が困難であり、魚類のルシフェラーゼについては報告がなかった。本セミナーでは、まず海洋発光生物とその研究手法について紹介し、続いて魚類における初のルシフェラーゼの単離の報告およびその進化について議論する。

 

「芒から考えるアジアとアフリカにおけるイネ栽培化の歴史」

 別所-上原奏子博士(名古屋大学生物機能開発利用研究センター・研究員)

 イネの種子先端に形成される突起状の構造物は芒(のぎ)と呼ばれ、毛皮への付着による種子の伝播、鳥獣からの食害防除の役割を担う。野生イネは有芒なのに対して栽培イネは無芒であり、芒は栽培化の過程で除去された形質と考えられている。その原因遺伝子を同定することでイネ栽培化における分子進化について議論できると考えた。本発表では、アジアのイネにおいて芒消失の原因となったRegulator of Awn Elongation 1およびRAE2についての機能解析の結果、また、アジアとは独立に栽培化されたアフリカイネにおける原因遺伝子同定の取り組みについてお話する。また、同じく栽培化をたどったオオムギやコムギは芒を持つのに対し、なぜイネは芒を失ったのかについても考察を行う。

 

=================

 

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲top

アオウミウシ

今日も磯採集。久しぶりにアオウミウシを自分で採集。

つがいでいるところを捕獲。雌雄同体ですが,交尾をするようです。

 

アオウミウシ

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲top

東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所 特任助教公募

下記の通り特任助教の公募が始まりました。締切は平成29年7月18日(火) (必着)

 

精力的な研究を展開できる方の応募をお待ちしております。

 

公募要領(pdf)

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲top

磯採集

permalink | comments(0) | trackbacks(0) | ▲top
<< | 2/33 | >>
top page
Locations of visitors to this page Map